INFORMATION
    ミニチュアダックスが大好きな('∀`*)cihzu です
    沢山のBLOGがある中、当BLOGに来て下さりありがとうございます。
    相変わらずの不定期更新ですが遊びにきてくださいね♪
    気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪

    最近、毎日が忙しくなかなか更新できない状況です。
    皆様のBLOGにもお邪魔していますが、読むだけでいっぱいいっぱいの為
    コメントが出来ない状況です。申し訳ないです。
    当BLOGでも、コメントしていただいても、お返事が出来ない状況な為
    コメント欄をクローズさせていただいてマス。ご了承くださいませ。

    当ブログで使用している写真は無断で使用しない様願います
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異物を飲んでしまった時の対処方法。

体重5キロ→小さじ1杯
体重10キロ→大さじ1杯
の塩を喉の奥に入れて飲ませる
そうすると嘔吐するので、吐かせてから動物病院へ行く。

一時的応急処置なので必ずその後は動物病院へ行く事。
その際必ず、主治医に応急処置をした事、嘔吐物内容を伝える。

TV ペットSOSより
スポンサーサイト
いや~~ドモドモぽっ
ベビ達が生まれてからというもの忙しすぎて、、、。
んでもって、ベビ達の写真も個々に撮りたいのですが、
撮ろうとすると動く、動く。
で、、、、取れたのは1枚だけ(汗)
071204.jpg

写真の子は第5子
気になる体重ですが、着々と増えてますわァ。
コロコロしてて可愛いのだけれど、デカイ!!

それでは、ベビ達のコレまでの体重を書きますね。
第1子クリーム♀
11月30日・・・220㌘
12月01日・・・221㌘
12月02日・・・244㌘(夜)
12月03日・・・280㌘
12月04日・・・302㌘(誕生日より+82g増)

第2子クリーム♂
11月30日・・・235㌘
12月01日・・・235㌘
12月02日・・・278㌘(夜)
12月03日・・・309㌘
12月04日・・・340㌘(誕生日より+105g増)

第4子ブラック♀
11月30日・・・203㌘
12月01日・・・208㌘
12月02日・・・256㌘(夜)
12月03日・・・298㌘
12月04日・・・301㌘(誕生日より+98g増)

第5子ブラック♂
11月30日・・・179㌘
12月01日・・・189㌘
12月02日・・・227㌘(夜)
12月03日・・・264㌘
12月04日・・・278㌘(誕生日より+99g増)

第2子クリームは、てんてんの所でいうビックの様な
体重推移みたいな感じ。
なぜかね、パイコ飲み終わるとカラー別で寝るベビ達。
なんか不思議ー。
ベビちゃん達を撮るのって難しいのね・・・・。

なるべく更新はしたいとは、思いますが、
何分、忙しい為ご了承くださいませ。
各ブログへのコメント、
当ブログにコメント下さる方へのお返事も
中々出来ない状況ですが、合わせてご了承くださいませ
ご存知でしょうか?
読んだ時とっても恐いニュースだなと思いました。
以下、CNN.co.jpより引用
ワシントン──カナダのペットフード大手メニュー・フーズは
17日、北米向けに昨年12月3日から今年3月6日までに出荷した、
イヌやネコ向けのペットフードをリコールすると発表した。
米国で、同社のペットフードを食べたイヌやネコの
腎不全が相次いで報告され、約10頭が死亡したためとしている。
リコール対象となっているのは、49銘柄のドッグフードと
41銘柄のキャットフードで、
米小売り大手ウォルマートなどのブランド名で
発売されている6000万個に達する。
リコール対象の製品にはすべて、新しい供給元から購入した
小麦グルテンが含まれているという。


日本でもおなじみの名前もいくつかありました。
日本に輸入されているかどうか詳しくは分かりませんが、
使っているメーカー等ありましたら、一応、製造番号等を確認されると
良いと思います。リコール対象商品が一覧になっている
サイトは、Menu Foods Income Fundで確認できます。

英語で書いてあります。
左側にあるリコールインフォメーションにて
キャットフード、ドッグフードに分かれているので
確認してみて下さい。●カヌバ、●ートロetc.ありますので。。。
最近とてもノロウイルスが流行っております。
なので、簡単にではありますが、説明しておきますね。
潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、
主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度。
通常、これら症状が1~2日続いた後、
治癒し、後遺症もありません。
また、感染しても発症しない場合や
軽い風邪のような症状の場合もあります。

このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。
このため、通常、対症療法が行われます。
特に、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、
体力を消耗したりしないように、
水分と栄養の補給を充分に行いましょう。
脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの
治療が必要になります。止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、
病気の回復を遅らせることがあるので
使用しないことが望ましい。

このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、
次のような感染様式があると考えられています。
1) 汚染されていた貝類を、生
あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
2)食品取扱者(食品の製造等に従事する者、
飲食店における調理従事者、家庭で調理を
行う者などが含まれます。)が感染しており、
その者を介して汚染した食品を食べた場合
3)患者のふん便や吐ぶつから二次感染した場合また、
家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が
多いところでヒトからヒトへ直接感染するケースもあります。

今日の日記ゎ、下にあります♪よんで(*ゝω・)b⌒☆NE! t>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。